プロフィール
谷藤友彦(やとうともひこ)

谷藤友彦

 東京都城北エリア(板橋・練馬・荒川・台東・北)を中心に活動する中小企業診断士(経営コンサルタント、研修・セミナー講師)。2007年8月中小企業診断士登録。主な実績はこちら

 好きなもの=Mr.Childrenサザンオールスターズoasis阪神タイガース水曜どうでしょう、数学(30歳を過ぎてから数学ⅢCをやり出した)。

◆旧ブログ◆
マネジメント・フロンティア
~終わりなき旅~


◆別館◆
こぼれ落ちたピース
シャイン経営研究所HP
シャイン経営研究所
 (私の個人事務所)

※2019年にWordpressに移行しました。
>>>シャイン経営研究所(中小企業診断士・谷藤友彦)

Next:
next 【ベンチャー失敗の教訓(第4回)】何にでも手を出して、結局何もモノにできない社長
Prev:
prev 森繁和『勝ち続ける力』―落合氏と森氏に共通する7つの思考(1)
2013年02月08日

森繁和『勝ち続ける力』―落合氏と森氏に共通する7つの思考(2)


勝ち続ける力勝ち続ける力
森繁和

ビジネス社 2012-10-12

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 (前回の続き)

(4)孤独に負けない精神力をつけさせる
 (最近の若い選手は)自分の時間は1人で過ごしたいのに、グラウンド(仕事)では「どうすればいいですか」「指示を出してください」「これで間違っていませんか」という頼りなげな視線を向けてくる。

 それでは困る。自分1人で決めねばならないのだ。(中略)野球は9人対9人で戦うチームスポーツだが、実際は投手と打者による1対1の勝負である。しかも、投手の指先をボールが離れると、コンマ何秒で勝負がついてしまう。そんな一瞬の勝負に、長々とアドバイスしている時間はない。(『采配』)
 潰れない選手、伸びる選手には、共通点がある。特に投手の場合、この共通点は、大成するために絶対必要不可欠な条件だと感じる。それは、孤独な時間をきちんと過ごせることだ。(中略)

 相手を知る前に、孤独に慣れ、技術的にも精神的にも、自分をしっかりわかっておかないといけないのだ。そのためには孤独な時間をうまく過ごせるようになる必要があるのだ。山本昌や浅尾や吉見は、何だかんだ言ってもそれができる投手だった。ランニングを1人で黙々とやりながら、自分のことを考える。野球のことを考える。ピッチングのことを考える。そのひとときこそが大事だと私は思う。(『参謀』)
(5)30代で一人前になることを目指す
 現在のドラゴンズには、27歳の野本圭と岩崎達郎を筆頭に、26歳の堂上剛裕、大島洋平、24歳の松井佑介、23歳の平田良介、堂上直倫、福田永将ら、将来はレギュラーになってもおかしくない若手野手が何人もいる。彼らを私の一存でレギュラーに抜擢すれば、1年くらいはそこそこの成績を残してくれたかもしれない。

 しかし、基礎体力に加えて、長いペナントレースを戦い抜く体力をつけてくれないと、2年、3年と実績を残していくのは難しい。だからこそ、25歳から30歳くらいの間は、しっかりとした土台をつくる時期だととらえている。

 せっかく若くしてレギュラーになっても、30代半ばでユニフォームを脱ぐことになったら寂しい。ならば、20代で足場を固め、30歳でレギュラーの座を手に入れ、40代まで第一線でプレーできたほうが幸せなのではないだろうか。(『采配』)
 なにもあせる必要はない、選手の本格的な活躍は30代からでもいい、20代で一瞬活躍して、すぐケガや勘違いで活躍できなくなり、プロ野球界を去るケースを私もたくさん見てきたし、監督もそうだろう。だったら、じっくり下積みを経験して、練習を積み、森野(将彦)(筆者注:落合政権8年間の間に、野手でレギュラーをつかみとったのは森野だけである)のように、30代でレギュラーになり、欠かせない選手になったほうがよっぽど幸せだろう。

 ドラゴンズが誇る「アラ・イバ」コンビ、荒木雅博と井端弘和もレギュラーに定着したのは20代なかばである。選手のためを思えば、長い目で見て3年後、5年後にレギュラーになれるような育て方をすればよい。特にピッチャーは、体ができていないうちに無理をすると、短命で終わる危険が高くなる。1~2年ですぐ結果を求めるのは、選手のためと言うよりは、監督やコーチが実績をあせるからだろう。(『参謀』)
(6)「点をやらない野球」を徹底する
 監督になったつもりで考えてほしい。0対1の悔しい敗戦が3試合も続いた。ファンもメディアも「打てる選手がいない」と打線の低調ぶりを嘆いている。この状況から抜け出そうと、チームでミーティングをすることになった。監督であるあなたは、誰にどんなアドバイスをするか。(中略)

 私は投手陣を集め、こう言うだろう。「打線が援護できないのに、なぜ点を取られるんだ。おまえたちが0点に抑えてくれれば、打てなくても0対0の引き分けになる。勝てない時は負けない努力をするんだ」(『采配』)
 バッティングのように、すぐに結果が出ないものは仕方がない。それよりもやるべきこと、「守ること、走ること」をきちんとする。「やるべきこと」はミスをしないことだ。普通に捕れるボールを捕り、暴投しないようにすることだ。

 ヒットを打つことが「やるべきこと」ではない。3回に1回打てば、打率は十分なのだ。それより正面に来たボールを捕って確実にアウトにする。フライを捕る、走る、バックアップ、カバーリングをきちんと行っていれば、勝つことができても負けることもない。(『勝ち続ける力』)
(7)選手の中にリーダーを作らない
 最近の若い選手は、巷でチームリーダーと言われている選手に敬意を表し、「あの人についていけば」とか「あの人を中心に」といった発言をするが、それが勝負のかかった場面での依存心になってしまうケースが多い(筆者注:1点リードを許している展開で、1死2塁でチャンスが回ってきた時に、自分で決めてやろうとするのではなく、後に控えるチームリーダーに決めてもらおうと自分は進塁打に徹してしまうことを指す)。(中略)

 組織に必要なのはチームリーダーではなく、個々の自立心と競争心、そこから生まれる闘志ではないか。年齢、性別に関係なく、メンバーの一人ひとりが自立心を持ち、しっかりと行動できることが強固な組織力を築いていく。(『采配』)
 本来は、全員がリーダーシップをとる能力をもっているのが望ましい。自分はただついていくだけというのではなく、それぞれが考える集団がベストだ。そのうえで初めて、ひとつにまとまる意味がわかるのだ。

 結論としては、私は最初からリーダーを決めるべきではないと思っている。リーダーは育てるものではなく、自然に育つものだ。(『勝ち続ける力』)
 こうした2人の共通価値観に従って、長時間の厳しい練習を通してじっくりと育成された、タフで自立心のある選手たちが、投手も野手もそれぞれに考えながら能力を発揮し、鉄壁の「守りの野球」を実現させていったのだろう。中日の組織能力が一過性でなかったことは、2人がチームを去った2012年のペナントレースでも、勝敗自体は2011年と遜色ない成績を残したことに表れている(2011年が75勝59敗10分、2012年が75勝53敗16分)。問題はブランコ、ソト、ソーサという助っ人外国人が3人とも抜けた今年だ。落合―森文化が活きていれば、代わりの選手はすぐに出てくるに違いない。しかし、その文化が崩れ始めると、2002年から11年続くAクラスの座も危ういかもしれない。いや、個人的には中日の心配はどうでもいいのさ。問題は阪神よ、阪神!

  • ライブドアブログ
©2012-2017 free to write WHATEVER I like