プロフィール
谷藤友彦(やとうともひこ)

谷藤友彦

 東京都城北エリア(板橋・練馬・荒川・台東・北)を中心に活動する中小企業診断士(経営コンサルタント、研修・セミナー講師)。2007年8月中小企業診断士登録。主な実績はこちら

 好きなもの=Mr.Childrenサザンオールスターズoasis阪神タイガース水曜どうでしょう、数学(30歳を過ぎてから数学ⅢCをやり出した)。

◆旧ブログ◆
マネジメント・フロンティア
~終わりなき旅~


◆別館◆
こぼれ落ちたピース
シャイン経営研究所HP
シャイン経営研究所
 (私の個人事務所)

※2019年にWordpressに移行しました。
>>>シャイン経営研究所(中小企業診断士・谷藤友彦)

Next:
next 【ベンチャー失敗の教訓(第45回)】取引先から大事にされたかったら、取引先にとって大事な顧客になれ
Prev:
prev 【ベンチャー失敗の教訓(第44回)】仕事に人を割り当てるのではなく、人に仕事を割り当ててしまう
2013年11月19日

国立西洋美術館「ミケランジェロ展」に行ってきた


http://www.nmwa.go.jp/jp/index.html 上野にある国立西洋美術館で「ミケランジェロ展」を見てきた。その時の記録を簡単にまとめておこうと思う。実は、今年の目標を正月に立てた時に、「様々な芸術品に触れる」という目標を入れていたのだが、他の目標に押されて全く着手できていなかった。今年初めて行った美術館の展示が、このミケランジェロ展だった(※なお、現在は別の展示に変わっています)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Sistine_Chapel_ceiling_photo_2.jpg カトリックの総本山であるバチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂を設計したのはミケランジェロである。そのサン・ピエトロ大聖堂の中で、最も神聖な場所とされ、ローマ教皇を選出する「コンクラーベ」が行われるのがシスティーナ礼拝堂である。ミケランジェロは、システィーナ礼拝堂の天井画と祭壇画「最後の審判」を手がけている。展示は、この天井画と「最後の審判」を中心としたものであった。もっとも、本物を持ってくるわけにはいかないので、パネルの複製しか展示されていなかったが・・・。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Michelangelo_-_Fresco_of_the_Last_Judgement.jpg 展示では、ミケランジェロが天井画や「最後の審判」の製作にあたって残した習作を見ることができた。あれだけの大作なので、習作も数多く残っているはずなのだが、ミケランジェロは自分の習作の大半を焼却処分してしまったという。よって、展示でも限られた数の習作しか見ることができなかった。だから、展示全体としては、天井画や「最後の審判」のパネルと、いくつかの習作が並べられているだけであり、やや物足りない気がした。

 天井画には、聖書の冒頭にある『創世記』の9つの場面が、時系列に沿って描かれてる。各場面は、祭壇側から正面入口を望む方向に立って見上げた時に、正しく見えるようになっている。画題は祭壇側から順に、(1)光と闇の分離、(2)太陽、月、植物の創造、(3)大地と水の分離、(4)アダムの創造、(5)エヴァの創造、(6)原罪と楽園追放、(7)ノアの燔祭、(8)大洪水、(9)ノアの泥酔となっている。9つの画面のうち、5つの小画面の四隅には、20名の筋肉質の男性裸体像が描かれており、イニューディ(単数形イニュード)と呼ばれる。イニューディは聖書には登場しない人物であり、ミケランジェロがどのような意図でイニューディを描いたのは不明である。

 「最後の審判」は、キリストの審判によって天国へ上る人と地獄へ落ちる人とを表現した作品である。「最後の審判」が公開された時に人々を驚かせたのは、裸体の多さであった。これは、「人間の裸体こそ神の最高の創造物である」というミケランジェロの信念の表れであった。ところが、それを快く思わない後の教皇は、別の画家に衣服を描かせた。そのため、一部の人物の下半身には、やや不自然な形で布が描かれている。

 「最後の審判」でミケランジェロが披露した技法は、「マニエリスム」と呼ばれる(「洗練された手法(maniera)」に由来。)。様式が起こった当初は、ルネサンス後期の技巧的な様式と混同されたが、引き伸ばされた人体比率で描かれる人物や、写実性より内面や雰囲気を描き出す抽象的表現などが後になって再評価された。なお、そんなマニエリスムに従って描かれた人物の中に、実はミケランジェロ自身が描かれている。右側の地獄へ落ちる人の中に、皮だけをはぎ取られた人間がいる。これがミケランジェロだ。大作で精根尽き果てた自分を投影したのであろうか?

 館内には大型の4Kテレビが設置されており、日本の4Kテレビが初めてシスティーナ大聖堂内部の撮影に成功した模様が放映されていた。確かに、画質は圧倒的に美しい。筆跡が鮮明に見えるし(マニエリスムは、筆跡が画面に残るほどの筆圧で描かれるのも特徴だ)、一筆ごとに微妙に異なる色合いが織りなすグラデーションまではっきりと解る。ただ、これを自宅に置きたいとまでは思わなかったなぁ(最後は展示の内容とは関係ない感想になってしまった・・・)。

  • ライブドアブログ
©2012-2017 free to write WHATEVER I like