プロフィール
谷藤友彦(やとうともひこ)

谷藤友彦

 東京都城北エリア(板橋・練馬・荒川・台東・北)を中心に活動する中小企業診断士(経営コンサルタント、研修・セミナー講師)。2007年8月中小企業診断士登録。主な実績はこちら

 好きなもの=Mr.Childrenサザンオールスターズoasis阪神タイガース水曜どうでしょう、数学(30歳を過ぎてから数学ⅢCをやり出した)。

◆旧ブログ◆
マネジメント・フロンティア
~終わりなき旅~


◆別館◆
こぼれ落ちたピース
シャイン経営研究所HP
シャイン経営研究所
 (私の個人事務所)

※2019年にWordpressに移行しました。
>>>シャイン経営研究所(中小企業診断士・谷藤友彦)

Next:
next 「特定ものづくり基盤技術」が22分野⇒11分野に見直されるらしい
Prev:
prev 【無料】企業向け防災対策セミナー・BPC導入事例紹介
2014年02月10日

『島井宗室』―政治と密着しすぎた事業はもろい


島井宗室 (人物叢書 新装版)島井宗室 (人物叢書 新装版)
田中 健夫

吉川弘文館 1986-07

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した博多商人・島井宗室についての本。幅広い文献に基づき、宗室の生涯を丁寧に整理した1冊となっている。私は、一代で巨万の富を築いた宗室の”事業の秘訣”を知りたかったのだが、残念ながらそういう内容ではなかった。むしろ、島井家の事業がほぼ宗室の代に限られており、宗室より以降は衰退の一途をたどってしまった理由が解った気がする。それはつまり、島井家の事業が政治=戦国大名と密着しており、政治の盛衰の影響を大きく受けてしまった、ということである。

 1551年、大内義隆が家臣の陶晴賢によって滅ぼされると、博多の実権は大内宗麟の手に移った。宗麟は、博多での支配力を強化するため、宗室を町政施行上の有力者と認めて宗室に接近した。宗麟の庇護を受けた宗室は、その特権の下で事業を拡大していった。宗室は見返りとして、宗麟に対し一定の軍資金を提供したと考えられている。

 その後、大友氏が竜造寺氏と10年以上にわたり対立を繰り広げた影響で、博多はすっかり荒廃する。そして、大友氏に代わって島津義久が台頭してきた。ここで、宗室にはもう一度追い風が吹くことになる。すなわち、豊臣秀吉の登場である。秀吉は、天下統一に飽き足らず、隣国の明を滅ぼしてアジア統一を夢見ていた。博多は、秀吉が朝鮮を通じて明へ入国する際の重要な拠点と位置づけられたのである。その地を脅かす島津氏は、秀吉の格好の餌食となった。

 博多をアジア統一の拠点とみなしていた秀吉は、博多復興に尽力し、宗室も大いにこれに協力した。秀吉は、博多を兵站基地とし、また外征軍往来の通路・宿泊地とすることをイメージしていた。そのためには、博多は大いに栄えていてもらわなければ困るし、商人の力を借りなければならない。秀吉が宗室に近づき、これを助けたのは自然の成り行きであっただろう。秀吉の力により復興した博多で、宗室はいっそう明・朝鮮との貿易に注力し、富を蓄えていく。

 だが、不幸なことに、どうやら宗室は秀吉による博多復興の真意を知らなかったようだ。仮に宗室が秀吉の企図を知っていたら、後に重要な通商国を失うことになる秀吉の危険な博多復興策には協力しなかったかもしれない。秀吉の真意を知らなかったからこそ、宗室はいざ朝鮮出兵が始まると、後方支援に奔走しつつ、裏で対馬の宗義智らと和平工作にあたったわけである。

 こうして見てみると、宗室の事業の前半は宗麟の、後半は秀吉の政治の下で栄えた、別の言い方をすれば、政治的目的のために利用された、と言えるだろう。そのため、1600年の関ヶ原の合戦後、徳川家康が江戸に幕府を開き、博多が政治的な位置を失うと、宗室もかつてのような野心的な事業を行わなくなってしまった。晩年、中風に苦しめられていた宗室は、細々と酒屋・土倉を営んでいたようである。

 実は、関ケ原の合戦時に博多を治めていたのは小早川秀秋であった。そう、西軍・石田三成につきながら、これを裏切り、東軍の家康の勝利に貢献した人物である。合戦後、秀秋は西軍に属した宇喜多秀家の旧封地備前岡山に移され、博多には黒田長政がやって来た。だが、宗室はこの政治の流れに乗ることができなかった。

 宗室は1610年、神屋家からの養嗣子である徳左衛門に宛てて遺訓を書いている。これは、現存する商家の遺訓の中で最も古いものの一つとされている。その第4条には次のようにある。
 四十までハ、いささかの事も、ゑよう(栄耀)なる事無用候。惣而我ぶんざい(分際)より過たる心もち・身持、一段悪事候。併(しかしながら)商事・れうそく(料足)まうけ候事ハ、人にもおとらぬやうにかせぎ候ずる専用候。それさへ以、唐・南蛮にて人のまうけたるをうら山敷おもひ、過分に艮(銀)子共やり、第一船をしたて、唐・南蛮にやり候事、中々生中のきらい事たるべく候。
 宗室は、「明や南蛮との貿易で他人が儲けたことをうらやましく思い、過剰に銀を投資して一級品の船を仕立て、中国や南蛮に遣わすことは、あまり好ましいことではない」と、リスクが大きい投資をけん制している。

 この投資は「投銀(なげかね)」と呼ばれる、船に対する投資である。ただ、投資と言っても、例えば後の海上保険制度のようにリスク分散の仕組みが組み込まれていたわけではない。豪商などの貸主が、外国船貿易を企図している借主に銀を貸すという、非常に単純な貸付である。借主の船が無事に往復渡海に成功すれば、貸主は借主が貿易によって得た利益から元本と利息を回収する。もちろん、この利率は渡海のリスクに応じて非常に高く設定されている。しかし、途中で船が難破すれば、貸主は全てのリスクを負担する。

 そのようなハイリスク・ハイリターンの金融業に手を出すのではなく、商売の基本である”モノを売る”という行為に集中せよ、というのが宗室の意図であったに違いない。ところが、本書によれば、子の徳左衛門と孫の権平は外国貿易船にしばしば投資しており、『島井文書』には投銀の証文が数多く残されているという。

 政治の中心が江戸に移り、博多が要所としての機能を失うと、島井家の事業は勢いを止められてしまったのだろう。焦りを感じた徳左衛門や権平は、宗室の遺訓に背き、リスクが高い投銀に手を染めたのではないだろうか?本業の屋台骨が揺らぐと、危ない金融業に手を出したくなるのは、いつの時代も同じなのかもしれない。また、どんなに立派な行動規範を定めたとしても、それを代々受け継いでいくことは至難の業であることをうかがわせるエピソードでもある。

  • ライブドアブログ
©2012-2017 free to write WHATEVER I like