プロフィール
谷藤友彦(やとうともひこ)

谷藤友彦

 東京都城北エリア(板橋・練馬・荒川・台東・北)を中心に活動する中小企業診断士(経営コンサルタント、研修・セミナー講師)。2007年8月中小企業診断士登録。主な実績はこちら

 好きなもの=Mr.Childrenサザンオールスターズoasis阪神タイガース水曜どうでしょう、数学(30歳を過ぎてから数学ⅢCをやり出した)。

◆旧ブログ◆
マネジメント・フロンティア
~終わりなき旅~


◆別館◆
こぼれ落ちたピース
シャイン経営研究所HP
シャイン経営研究所
 (私の個人事務所)

※2019年にWordpressに移行しました。
>>>シャイン経営研究所(中小企業診断士・谷藤友彦)

Next:
next 『叙述のスタイルと歴史教育―教授法と教科書の国際比較』―whyを問うアメリカ人、howを問う日本人
Prev:
prev 日本政策金融公庫総合研究所『中小企業を変える海外展開』―日本企業の海外展開とその影響に関するアンケート
2014年11月27日

ASEAN諸国(ブルネイを除く)の平均賃金の推移(2008年~2013年)


 最近、ASEAN諸国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、ラオス)の人件費が高騰しているらしい。安い人件費を求めて生産拠点を海外に移転したのに、予想以上のスピードで賃上げが進んで経営が逼迫しているという声が聞かれる。いったい、各国の賃金はどのような状態にあるのか、JETROの「アジア主要都市・地域の投資関連コスト比較」で調べてみた(ただし、データがなかったブルネイを除く)。

<賃金絶対額の推移>
 単位は米ドル。プノンペン(カンボジア)は2010年、ビエンチャン(ラオス)は2011年からのデータを掲載。シンガポールが頭一つ抜けており、クアラルンプール(マレーシア)、バンコク(タイ)、ジャカルタ(インドネシア)、マニラ(フィリピン)が第2グループを形成している。これに続く第3グループがハノイ(ベトナム)、ヤンゴン(ミャンマー)、プノンペン(カンボジア)、ビエンチャン(ラオス)といった感じだ。最近は、タイの人件費が上昇していることを受けて、近隣のミャンマー、カンボジア、ラオスに生産拠点の一部を移管して水平分業するという動きが見られる。

ASEAN賃金推移(絶対・表)_製造業ワーカー(一般工職)
ASEAN賃金推移(絶対・グラフ)_製造業ワーカー(一般工職)

ASEAN賃金推移(絶対・表)_製造業エンジニア(中堅技術者)
ASEAN賃金推移(絶対・グラフ)_製造業エンジニア(中堅技術者)

ASEAN賃金推移(絶対・表)_製造業マネジャー(課長クラス)
ASEAN賃金推移(絶対・グラフ)_製造業マネジャー(課長クラス)

ASEAN賃金推移(絶対・表)_非製造業スタッフ(正規雇用の一般職)
ASEAN賃金推移(絶対・グラフ)_非製造業スタッフ

ASEAN賃金推移(絶対・表)_非製造業マネジャー
ASEAN賃金推移(絶対・グラフ)_非製造業マネジャー

<賃金相対額の推移>
 2008年を1とした場合の各年度の賃金を算出した。プノンペン(カンボジア)は2010年を、ビエンチャン(ラオス)は2011年を1とした。ヤンゴン(ミャンマー)の上昇幅が非常に大きい。各国とも、最低賃金を10%単位で切り上げる動きが見られるため、最新情報を確認する必要がある。

ASEAN賃金推移(相対・表)_製造業ワーカー(一般工職)
ASEAN賃金推移(相対・グラフ)_製造業ワーカー(一般工職)

ASEAN賃金推移(相対・表)_製造業エンジニア(中堅技術者)
ASEAN賃金推移(相対・グラフ)_製造業エンジニア(中堅技術者)

ASEAN賃金推移(相対・表)_製造業マネジャー(課長クラス)
ASEAN賃金推移(相対・グラフ)_製造業エンジニア(課長クラス)

ASEAN賃金推移(相対・表)_非製造業スタッフ
ASEAN賃金推移(相対・グラフ)_非製造業スタッフ

ASEAN賃金推移(相対・表)_非製造業マネジャー
ASEAN賃金推移(相対・グラフ)_非製造業スタッフ


カテゴリ: 経営
  • ライブドアブログ
©2012-2017 free to write WHATEVER I like