プロフィール
谷藤友彦(やとうともひこ)

谷藤友彦

 東京都城北エリア(板橋・練馬・荒川・台東・北)を中心に活動する中小企業診断士(経営コンサルタント、研修・セミナー講師)。2007年8月中小企業診断士登録。主な実績はこちら

 好きなもの=Mr.Childrenサザンオールスターズoasis阪神タイガース水曜どうでしょう、数学(30歳を過ぎてから数学ⅢCをやり出した)。

◆旧ブログ◆
マネジメント・フロンティア
~終わりなき旅~


◆別館◆
こぼれ落ちたピース
シャイン経営研究所HP
シャイン経営研究所
 (私の個人事務所)

※2019年にWordpressに移行しました。
>>>シャイン経営研究所(中小企業診断士・谷藤友彦)

Next:
next 熊野純彦『カント―世界の限界を経験することは可能か』―神に近づきすぎないための哲学
Prev:
prev 義江彰夫『神仏習合』―神仏習合は日本的な二項「混合」の象徴
2015年08月28日

大島正二『漢字伝来』―古代の日本―中国・朝鮮間の文化交流の謎


漢字伝来 (岩波新書)漢字伝来 (岩波新書)
大島 正二

岩波書店 2006-08-18

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 本書は、漢字がたどった”日本語化”の道筋を追跡した1冊である。4世紀末~5世紀の初め頃には、阿直岐(あちき)や王仁(わに)のような百済からの学者によって、既に朝鮮半島に伝わっていた漢籍が日本にもたらされ、一部の上層階級の人によって、本格的な漢字・漢文の学習が行われ始めたと推測される。5~6世紀にかけては、漢字の使用はまだ渡来人の手に委ねられていた。しかし、7~8世紀に入ると、漢字は庶民にも浸透していたと考えられる。例えば、法隆寺五重塔の初層天井の組木からは、<万葉仮名>による落書きが発見されている。

 漢字の<音>を用いて、日本語の固有名詞を漢字で表記した例は、5世紀半ば頃から現れた。稲荷山古墳(埼玉県)、江田船山古墳(熊本県)、隅田八幡宮(和歌山県)から出土した金石文などがその例である。稲荷山古墳出土の金石文には、「獲加多支鹵(ワカタケル、雄略天皇のことか?)」の文字が見られる。その使用方法が洗練されたものが<万葉仮名>である。<万葉仮名>は、『万葉集』(7世紀後半~8世紀前半)によく使用されたことからその名前がついた。例えば、日本語の「あ」を表す漢字としては、阿、安など様々な候補がありうるわけだが、『万葉集』では文脈に応じて興味深い漢字の使い分けがされているという。

 漢字の表<音>的な用法と並行して、漢字を借りた日本語表記方法は新しい展開を見せるようになった。それは、<訓>の成立である。例えば、「池」という漢字に対して日本語の「カワ」、「ウミ」、「ヌマ」、「イケ」などのどれもが結びつく可能性がある中で、「イケ」が固定してくる。これが<訓>の成立である。<訓>の成立時期を特定するのは非常に難しいが、6世紀初頭より前には成立していたと考えられている。

 <万葉仮名>には、<音仮名>と<訓仮名>の2種類がある。<音仮名>とは、「春」を”波流”、「秋」を”阿伎”などのように、漢字の<音>を借りて表現する仮名である。これに対して<訓仮名>とは、「懐(なつかし)」を”名津蚊為”のように、漢字の<訓>を用いて表現する仮名である。『万葉集』には<音仮名>と<訓仮名>の両方が見られるため(ただし、大部分は<音仮名>であった)、漢字の<訓>の成立は『万葉集』よりも前であると言える。

 <訓>が浸透すると、日本人は漢文の<訓読>という画期的な読み方を生み出した。通常の翻訳のように原文から離れた訳文を作るのではなく、原文の漢字を1つ1つ追いながら、片端から日本語に置き換える方法である。漢文<訓読>は、7世紀末頃に始まったとされる。その後、漢文を読みやすくするための補助的な記号である<訓点>(返り点、送り仮名、ヲコト点など)が生み出された。最古の<訓点>は、奈良時代末の『華厳刊定記』(783年)に見られる。9世紀に入ると、万葉仮名で助詞・助動詞(てにをはなど)を漢字の傍らに記入するようになった。

 個人的には、この<訓読>、<訓点>の発明は、日本史上の発明の中で上位にランクインするものだと思っている。<訓読>、<訓点>のおかげで、多くの日本人が漢文を読めるようになった。しかも、原文から離れた訳文を作るわけではないため、意訳が生じる余地が少なく、原義をかなり高い精度で把握することが可能となった。<訓読>、<訓点>によって、中国文化の咀嚼スピードが格段に上がったはずである。

 漢文を読む方法と合わせて、日本語を漢字を用いて書く方法も確立されていった。まず、漢文<訓読>を前提とした<漢字文>が7世紀後半に成立した。<漢字文>とは、例えば「薬師像を作る」を、「作薬師像」(動詞+目的語)と書くのではなく、日本語の文法にのっとって、「薬師像作」(目的語+動詞)と表現する方法である。これは決して、漢文をつづる能力が未熟だったのではない。むしろ、規則正しい漢文から脱して日本語を写そうとする意図の反映である。

 <漢字文>に活用語尾や助詞・助動詞などを<万葉仮名>で補ったものが<宣命書き(宣命体)>である。宣命とは、「宣読(読み上げる)勅命(天皇の命令)」を意味する。<宣命書き>は、名詞・動詞・形容詞などの実質的な要素を主として<訓>によって大字で書き、助詞・助動詞など付属的な要素は<万葉仮名>によって小字で書き添えるという「漢字・万葉仮名まじり文」である。その<万葉仮名>を平仮名に変えると、後代の「漢字・仮名まじり文」とほぼ同じになる。日本語表記の展開史の上で注目すべき出来事であった。

 ところで、大陸の人々はなぜ日本に漢字を伝えたのだろうか?文字は民族を支配する手段である。支配者は、人々から既存の文字を奪い去り、新たな文字を強要することで、人々を政治に束縛する。漢族の王朝・南宋を滅ぼし、大帝国を築いたモンゴル族の元は、漢族の文字である漢字を捨てて、新しい国字<パスパ文字>を生み出した。日韓併合後の朝鮮半島では、ハングルが禁じられ、日本語教育が実施された。現代では、アメリカがTPP交渉の場において、日本語が日本市場への参入障壁になっているとして、英語を強制しようとしている。

 逆に、文字を奪われた民族は非常に非力であることも、歴史が証明するところである。マヤ文明を築いたマヤ族は、スペイン人の制服によってスペイン語を強要され、マヤ語を失った。そのため、現在ではマヤ語の読み書きができる現地人はほとんどいない。マヤ族が蓄積した高度な文明の遺産は、大半が未解明のままとなっている。

 そう考えると、朝鮮半島からの渡来人が日本に漢字をもたらしたのは、単なる文化交流のためではないように思える。百済からは仏教という宗教がセットで伝わっていることもポイントである。宗教を外国に広める場合には、何らかの政治的意図があるのが普通である。イエズス会が日本でキリスト教を熱心に布教したのは、日本を植民地化するためであったことはよく知られた話だ。当時の朝鮮半島の国々は、どのような政治方針で日本と接していたのだろうか?

 ここでもう1つの疑問が生じる。それは、漢字や仏教の伝来の始まりが、なぜ中国ではなく朝鮮半島の国々(具体的には百済)だったのか?ということである。古代の中国は中華思想(中国こそが世界の中心であるとする考え方)に基づく冊封体制を敷いており、周辺国を次々と属国に組み入れていた。朝鮮半島も属国の一部であり、日本も当然のことながらターゲットとなっていた。中国が日本を狙う際、中国が直接日本に赴くのではなく、地理的に最も近いという理由で、朝鮮半島の国々を手下のように使って日本に接近させたのだろうか?

 一方の日本も、中国・朝鮮半島に対して受け身ばかりではなかったようだ。室谷克実氏は『呆韓論』(産経セレクト、2013年)の中で、新羅には相当数の倭人が住んでいたと述べている。朝鮮半島の最古の正史『三国史記』には、新羅の4代目の王・脱解(たれ)の出身が日本であると書かれている。脱解は王になると、倭人を大輔(大臣)に起用した。国王とナンバー2だけが外国人という国はありえないので、一定の倭人が住んでいたと考えるのが自然であるという。

呆韓論 (産経セレクト)呆韓論 (産経セレクト)
室谷克実

産経新聞出版 2013-12-05

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 朝鮮半島の国と言うと、高句麗・新羅・百済の名前は挙がっても、任那は政治的な理由から避けられることが多い。任那には任那日本府という倭国の出先機関があり、朝鮮半島に政治的・軍事的影響力を及ぼしていたらしいということが、朝鮮半島の人々の自尊心を傷つけるためだ。

 しかし、任那に限らず、朝鮮半島南部では日本固有の前方後円墳がいくつも発見されていること、倭が新羅や百済を臣民としたと書かれている広開土王碑の信憑性が高まったことから、日本が何らかの形で朝鮮半島に関与していたことは確実とされている。以上のことを踏まえると、日本・中国・朝鮮半島の3者間の関係は、文化交流という耳触りのよい言葉だけでは語り尽くせない何かがありそうである。この辺りをもっと掘り下げることが今後の課題である。

  • ライブドアブログ
©2012-2017 free to write WHATEVER I like