お問い合わせ
お問い合わせ
プロフィール
谷藤友彦(やとうともひこ)

谷藤友彦

 東京23区、神奈川県川崎市・横浜市を中心に活動する中小企業診断士・コンサルタント。

 専門領域は、(1)経営ビジョン・事業戦略の策定、(2)ビジョンや戦略とリンクした人材育成計画の立案・人事評価制度の構築、(3)人材育成計画に沿った教育研修プログラムの企画・開発。

 モットーは「日々改善、日々成長」、「実事求是」、「組織のためではなく知識のために働く」、「奇策は定石より先に立たず」、「一貫性(Consistency)」、「(無知の知ならぬ)無知の恥」

 好きなもの=Mr.Childrenサザンオールスターズoasis阪神タイガース水曜どうでしょう、数学(30歳を過ぎてから数学ⅢCをやり出した)。

 ブログタイトルに、oasisの往年の名曲『Whatever』を入れてみた。

◆旧ブログ◆
マネジメント・フロンティア
~終わりなき旅~


◆別館◆
こぼれ落ちたピース
所属組織など
◆個人事務所「シャイン経営研究所」◆ シャイン経営研究所ロゴ


(一社)東京都中小診断士協会一般社団法人東京都中小企業診断士協会
(城北支部執行委員、青年部長、および国際部員を務めています)

NPOビジネスサポート特定非営利活動法人NPOビジネスサポート
(監事を務めています)

企業内診断士フォーラム(KSF)企業内診断士フォーラム
(独立診断士の立場から、企業内診断士の活動を応援しています)

Experian海外企業信用調査 海外企業信用調査(Experian)
(一緒にお仕事をさせていただいている「コンサルビューション株式会社」は、世界最大の信用調査会社Experianの正規代理店です)

【中小企業診断士は独学で取れる】中小企業診断士に独学で合格するなら「資格スクエア」中小企業診断士の安い通信講座なら「資格スクエア」
(以下の資格の講師をしています。
 ―ITパスポート
 ―情報セキュリティマネジメント
 ―経営学検定(初級・中級)
 ―中小企業診断士(企業経営理論、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策)
 谷藤友彦と株式会社サイトビジット代表取締役・鬼頭政人氏の対談動画(1)(2)(3)
アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

タグクラウド

2016年07月01日

中小企業診断士を取った理由、診断士として独立した理由(1)【独立5周年企画】


コンサルタント

 【シリーズ】中小企業診断士を取った理由、診断士として独立した理由
  1.中小企業診断士という資格を知ったきっかけ(7月1日公開)
  2.中小企業診断士を勉強しようと思ったきっかけ(7月2日公開)
  3.ベンチャー企業での苦労(7月3日公開)
  4.長い長い病気との闘いの始まり(7月4日公開)
  5.増え続ける薬、失った仕事(7月5日公開)
  6.点と点が線でつながっていく(7月6日公開)
  7.これから独立を目指す方へのメッセージ(7月7日公開)
 2016年7月1日で、私が中小企業診断士・コンサルタントとして独立してちょうど5年になった。帝国データバンクが調べた「企業の生存率」によると、5年後の生存率は82%である。とりあえず、私は8割の仲間に入ることができたようだ(もっとも、この数字には諸説あり、実際のところどれが本当なのかよく解らない)。私は元々自前主義が強い方で、何でもかんでも自分でやってしまい、それで上手くいけば自分が頑張ったからだとうぬぼれる傾向が強かった。しかし、ここ数年は、周りにいる本当にたくさんの皆様に支えられて生きていると実感することが増えた。私もようやく人間らしくなってきたと思う。この場を借りて、皆様には心の底から御礼を申し上げたい。

 さて、独立診断士として活動していると、「なぜ診断士の資格を取ろうと思ったのか?」、「なぜ診断士として独立したのか?」とよく聞かれる。私は29歳で独立したためか、「企業勤めの方がよかったのではないか?」とも言われる。そこで、独立5周年というこの節目に、これらの質問に答えてみたいと思う。なお、今回のシリーズは非常に長文の「自分語り」である。そういうのがお好みではない方は、読み飛ばしていただいて結構である。また、途中で色々な失敗談などが出てきて、「それはお前のせいではないのか?」、「単なる甘えではないのか?」と思われる箇所があるかもしれないが、私も決して完全な人間ではないということでお許しいただきたい。

 1.中小企業診断士という資格を知ったきっかけ
 私が最初に中小企業診断士という資格を知ったのは、大学生の頃である。当時の私は、京都の大学らしく、能楽サークルに入っていた(本ブログのプロフィール写真はその時のもの)。それと同時に、ビジネスや経営のことを勉強するサークルでも活動していた。今で言えば、意識高い系のサークルだったかもしれない。主たる活動は、大企業の最前線で活躍中の方をお呼びして、勉強会や講演会を行うことであった。ただ、勉強だけでは面白くないということで、生協食堂の協力を得て、生協食堂に対してコンサルティングを行う実践の場を提供してもらったりもした。

 私がサークルに入った直後、右も左も解らない状態で、このコンサルティングチームに入ることになった。私が「コンサルティング」、「マーケティング」、「ロジカルシンキング」などの言葉を知ったのは、この時が初めてである。メンバーは非常に頭が切れる先輩たちばかりで、毎回議論が白熱した。ところが、いかんせん私の頭が全くついて行けず、私だけ黙り込んだまま時間が過ぎることが非常に多かった。悔しいという感情も湧かず、ただ純粋に、どうすればよいのかが全く解らなかった。この切れ者の先輩は、後に大手コンサルティングファームや外資系金融機関の投資部門に就職していった。やはりすごい人たちばかりであった。

 私を含め残ったメンバーでコンサルティングを続けることになったのだが、ブレーン的な存在を失ったこともあり、チームとしての方向性を見失いつつあった。そんな時、チームメンバーではなかったサークルの先輩が、「生協食堂は中小企業のようなものだから、中小企業の経営を理解するには中小企業診断士を勉強した方がいいのではないか?」とアドバイスしてくれた。この時、初めて中小企業診断士という資格があることを知った。ただ、結局その時は診断士の資格を勉強するまでには至らず、頭の隅にそういう資格があるということだけが残っていた。

 私は相変わらずマイペースでコンサルティングの資料を作っていた。ある時、その資料をチーム外のサークルメンバーに発表する機会があった。私は自分なりに筋の通った資料を作ったつもりだったのだが、メンバーからはボロカスに批判された。同学年のメンバーに「グロービスの本でも読んでもっと真剣に勉強しろ」と、あまりにも基本的なことで怒られた時は、さすがに骨身にこたえた。正直な話をすると、当時の私は、講義で指定された教科書以外で、自発的に本を買って読むという習慣が全くなかった。その私を、今のような多読家(もちろん、私の上にはもっとすごい多読家がたくさんいる)に変えたのは、他ならぬ彼である。

 私はいつまでも個人的な成果が出せないままコンサルティングチームに居続けたのだが、そんな私でも最後の方で2つだけ小さな成果を上げることができた。1つは営業時間の延長による売上増である。私が通っていた大学には3つの生協食堂があった。そのうち最も業績がよかった店舗の閉店時間が20時であった。この店舗の特徴は、周りにはサークルの部室が数多く存在したことである。そして、どのサークルも、たいていは夜遅くまで活動をしていた(私がいた能楽サークルも、21時頃まで活動して、その後皆で晩御飯を食べに行くのが慣例になっていた)。

 そこで、営業時間を21時に延長すれば、周辺の飲食店に流れていた学生を取り込めるのではないかと考えた。この仮説を検証するため、店舗でアンケートを実施し、学生の夕食の実態と、生協食堂が営業時間を延長したら利用したいと思うかという意向を調べた。そして、統計学に強い理系のメンバーの協力を得て、営業時間を1時間延長した場合の期待効果を試算した(これは私にはできないことだったので、当時の理系のメンバーには感謝している)。店長は我々の提案を受けて、営業時間の延長を決断した。その結果、月の売上高が200万円ほど増加した。

 今振り返ると、当時のシミュレーションは非常に精度が粗い。それに、売上増しか試算しておらず、コスト面を無視している。21時まで営業時間を延長すると、店舗スタッフのシフトが変わり、それに伴い人員を増やす必要があったかもしれない。また、21時の閉店後、後片づけに入るわけだが、学生は大体21時半頃まで普通にだらだらとご飯を食べているから、後片づけはその後になる。すると、スタッフの中には勤務時間が22時を超える人が出て、深夜手当の支払いも生じる。そういうコストアップ要因を全く考慮していないという点で、今の私から見れば非常にプアな提案であった。しかし、月の売上高が実際に増えたという結果が、当時の私には嬉しかった。

 もう1つの成果は、大規模な顧客満足度調査の実施である。3つの店舗の中で、一番席数は多いが、一番学生からの評判が悪い店舗があった。店長も万策尽きたかのように困り果てていた。我々のチームが提案したのは、学生は食堂に対して具体的に何を期待しており、半面何に不満を抱いているのか、ウェイトづけをしようということであった。当時は「真実の瞬間」という言葉など知らなかったが、学生が店舗に入って注文し、席で食事をし、食器を返却して店舗を出るという一連の行動の中で、学生の満足度を左右すると思われるポイントを洗い出した。そして、それぞれのポイントについて、重要度と満足度を尋ねる顧客満足度調査を設計した。

 もちろん、この店舗でも従来から学生の声を聞くアンケートは実施していた。随分前に「生協の白石さん」がブームになったが、学生が店舗内に置いてあるカードに意見を書くと、店長がそれにコメントを書いて店舗内に掲示するというものである。だが、この店舗では、最も利用する学生の数が多いにもかかわらず、月に10件前後のカードしか集まっていなかった。

 我々のチームは、食堂の全てのテーブルにアンケート用紙を設置し、アンケートへの協力を呼びかけた。このアンケートはA4両面で30問ぐらいある面倒なものだったので、学生から敬遠される恐れがあった。ただでさえ満足度が低いこの店舗が、厄介な調査をやっているという理由でさらに不評を買うリスクもあった。ところが、いざふたを開けてみると、2週間で150枚ぐらいの回答が集まった。回収したアンケートを集計すると、「学生が重視しているのに、満足度が低いポイント」が明らかになった(もう10年以上前のことなので、具体的にどんなポイントだったかは忘れてしまったが)。集計結果を見た店長は、改善点の優先順位が解ったと喜んでくれた。

 その後、問題点をどのように改善するか、施策を立案して実行をフォローするのが本来のコンサルタントの役割である。しかし、学生の甘さゆえ、当時はそこまでできなかったのが心残りであった。ただ、どちらの件も反省点はあるものの、チームに入ったばかりの頃は全く使い物にならなかった自分が、小さな成果ではあるとはいえ2つの点で生協食堂に貢献できたことで、少しだけ自信を持つことができた。私のコンサルタントとしてのキャリアの原点はここにある。


おススメの書籍


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
  • ライブドアブログ
©2012-2017 free to write WHATEVER I like