このカテゴリの記事
【平成25年度補正新ものづくり補助金】採択件数が多い認定支援機関一覧(都道府県別)など【2次公募】
【平成25年度補正新ものづくり補助金】採択件数が多い認定支援機関一覧(都道府県別)など【1次公募2次締切】
『地銀の瀬戸際 メガバンクの憂鬱(『週刊ダイヤモンド』2014年5月31日号)』―地銀再編で地方経済の衰退が加速する?

プロフィール
谷藤友彦(やとうともひこ)

谷藤友彦

 東京都城北エリア(板橋・練馬・荒川・台東・北)を中心に活動する中小企業診断士(経営コンサルタント、研修・セミナー講師)。2007年8月中小企業診断士登録。主な実績はこちら

 好きなもの=Mr.Childrenサザンオールスターズoasis阪神タイガース水曜どうでしょう、数学(30歳を過ぎてから数学ⅢCをやり出した)。

◆旧ブログ◆
マネジメント・フロンティア
~終わりなき旅~


◆別館◆
こぼれ落ちたピース
シャイン経営研究所HP
シャイン経営研究所
 (私の個人事務所)

※2019年にWordpressに移行しました。
>>>シャイン経営研究所(中小企業診断士・谷藤友彦)

Top > 地方銀行 アーカイブ
2014年11月14日

【平成25年度補正新ものづくり補助金】採択件数が多い認定支援機関一覧(都道府県別)など【2次公募】


 平成25年度補正「中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業(新ものづくり補助金)」の2次公募分(2014年7月1日(火)~8月11日(月))の採択結果が9月29日、全国中小企業団体中央会および各都道府県の中小企業団体中央会HPで発表された。応募件数14,502件に対して採択件数は4,818件であり、採択率は33.2%であった。応募件数、採択件数、採択率いずれも、1次公募2次締切を下回った。以下、いつもの分析結果を掲載する。

 平成26年度補正予算でものづくり補助金が実施されるかどうかは解らない。ただ、来年10月に消費税が10%に上がっても上がらなくても、景気回復の足取りが遅い現状を踏まえて、景気対策としてもう一度予算が組まれる可能性はある。とはいえ、以前の記事「「開業率アップ」を掲げながら創業補助金には及び腰になった中小企業庁」でも書いたように、ちょっと予算額が大きすぎる。よって、もう一度やるとしても、事業規模は大幅に縮小されると予測する。

 代わりに考えられるのが、女性をテーマとした補助金である。安倍総理は、成長戦略の柱の一つとして、女性の活用を掲げている。女性管理職の登用比率について数値目標の設定を義務づける案は経済界の反発で見送られたものの、女性起業家向けの補助金を検討するなど、総理の意欲は衰えていない。女性活用への本気度を示し、補助金のインパクトを高めるために、女性起業家だけではなく、広く女性社員を対象とすることが考えられる。

 例えば、中小企業が女性を正社員として採用した場合、その社員が1年間勤務すれば、かかった人件費の3分の2を補助する、といった具合だ(ただし、企業が1年後に補助金を受け取った後、その社員をすぐに解雇するようなことを防ぐため、補助金の対象となる女性社員には5年間の解雇規制をかける)。補助金の上限額はものづくり補助金と同程度の1,000万円とする。そうすると、1社あたり3~4人程度の女性の雇用が見込まれる。もっとも、そこまでして女性を活用する必要が本当にあるのかどうかは、議論が必要なのだが・・・。

 《参考》
 「新ものづくり補助金(平成25年度補正)」申請書の書き方(例)
 「新ものづくり補助金(平成25年度補正)」申請書の書き方(賃上げに関して)
 【平成25年度補正新ものづくり補助金】採択件数が多い認定支援機関一覧(都道府県別)など【1次公募1次締切】
 【平成25年度補正新ものづくり補助金】採択件数が多い認定支援機関一覧(都道府県別)など【1次公募2次締切】
 新ものづくり補助金(1次公募1次締切)認定支援機関分析結果(旧ブログサーバ、右クリックで保存)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切)認定支援機関分析結果(旧ブログサーバ、右クリックで保存)
 新ものづくり補助金(2次公募)認定支援機関分析結果(旧ブログサーバ、右クリックで保存)

■都道府県別 採択件数トップ10
(※カッコ内は採択件数)
 静岡県が順位を上げ、神奈川県が順位を落とした。福岡県、新潟県、茨城県がトップ10入り。以前の記事「【平成25年度補正創業補助金】採択件数が多い認定支援機関一覧(都道府県別)など」で、静岡県は創業補助金による創業促進効果が低かったと書いたが、新ものづくり補助金の方では頑張ったようだ。
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.大阪府(456)
 2.東京都(448)
 3.愛知県(277)
 4.静岡県(245)
 5.埼玉県(204)
 6.兵庫県(192)
 7.神奈川県(186)
 8.福岡県(142)
 8.新潟県(142)
 10.茨城県(140)
 1.大阪府(730)
 2.東京都(682)
 3.愛知県(484)
 4.神奈川県(323)
 5.埼玉県(322)
 6.静岡県(305)
 7.兵庫県(252)
 8.群馬県(188)
 9.北海道(185)
 10.京都府(182)

■都道府県別 製造業事業所数に占める採択件数の割合トップ10
(※カッコ内は採択件数、製造業事業所数、製造業事業所数に占める採択件数の割合。製造業事業所数は「平成24年経済センサス―活動調査」より取得した)
 宮崎県、高知県、沖縄県、香川県、富山県、和歌山県が連続ランクイン。前回の結果と合わせて見てみると、全体的に西日本の県が上位にランクインする傾向がある。四国は4県中3県が上位にランクインしているが(愛媛県は12位)、徳島県だけは37位に沈んでいる。補助金だけで全てを判断することはできないが、この割合が高い都道府県は、国の審査に通るくらい、潜在的な力を持った企業の割合が多いということだろうか?(なお、1次公募2次締切と2次公募では採択企業数が異なるので、%の単純比較はできない)。
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.宮崎県(56、3,088、1.813%)
 2.大分県(51、3,127、1.631%)
 3.山口県(62、3,985、1.556%)
 4.高知県(38、2,451、1.550%)
 5.沖縄県(46、3,058、1.504%)
 6.香川県(68、4,952、1.373%)
 7.富山県(80、5,864、1.364%)
 8.和歌山県(60、4,421、1.357%)
 9.茨城県(140、10,416、1.344%)
 10.山形県(75、5,591、1.341%)
 1.富山県(127、5,864、2.166%)
 2.滋賀県(100、5,782、1.730%)
 3.和歌山県(74、4,421、1.674%)
 4.高知県(41、2,451、1.673%)
 5.群馬県(188、11,610、1.619%)
 6.茨城県(168、10,416、1.613%)
 7.岡山県(123、7,626、1.613%)
 8.秋田県(59、3,661、1.612%)
 9.沖縄県(49、3,058、1.602%)
 10.宮崎県(49、3,088、1.587%)

■全国 採択件数が多い認定支援機関トップ20
(※カッコ内は採択件数、以下同様)
 新ものづくり補助金に関しては、1次公募1次締切、1次公募2次締切、2次公募いずれも、商工組合中央金庫が1位を獲得した。2次公募は1次公募2次締切に比べて、信用金庫のプレゼンスが若干低下したように思える。
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.商工組合中央金庫(228)
 2.株式会社エフアンドエム(110)
 3.静岡銀行(72)
 4.伊予銀行(62)
 5.常陽銀行(58)
 6.八十二銀行(54)
 7.第四銀行(51)
 8.足利銀行(50)
 9.名古屋銀行(49)
 10.多摩信用金庫(48)
 11.巣鴨信用金庫(47)
 11.群馬銀行(47)
 13.浜松信用金庫(41)
 14.北洋銀行(40)
 15.東和銀行(38)
 16.北陸銀行(37)
 16.紀陽銀行(37)
 16.岡崎信用金庫(37)
 19.南都銀行(35)
 19.公益財団法人石川県産業創出支援機構(35)
 1.商工組合中央金庫(345)
 2.株式会社エフアンドエム(106)
 3.多摩信用金庫(96)
 4.静岡銀行(90)
 5.西武信用金庫(78)
 6.群馬銀行(72)
 7.名古屋銀行(61)
 8.八十二銀行(69)
 9.浜松信用金庫(62)
 10.埼玉りそな銀行(60)
 10.伊予銀行(60)
 12.北陸銀行(58)
 12.常陽銀行(58)
 14.池田泉州銀行(57)
 15.第四銀行(56)
 16.南都銀行(55)
 17.公益財団法人石川県産業創出支援機構(53)
 18.東和銀行(52)
 19.百十四銀行(49)
 20.公益財団法人岡山県産業振興財団(47)

■都道府県別 採択件数が多い認定支援機関トップ3
 トップ3の顔ぶれがほぼ固定化してきた。上位にランクインしている認定支援機関は、補助金申請の支援に前向きであると考えてよいだろう。
○北海道(132)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.北洋銀行(40)
 2.北海道銀行(18)
 3.北見信用金庫(9)
 1.北洋銀行(43)
 2.北陸銀行(18)
 3.北海道銀行(15)
 3.商工組合中央金庫(15)

○青森県(31)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.八戸商工会議所(6)
 1.公益財団法人21あおもり産業総合支援センター(6)
 3.商工組合中央金庫(4)
 1.八戸商工会議所(6)
 1.公益財団法人21あおもり産業総合支援センター(6)
 3.商工組合中央金庫(5)

○岩手県(42)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.岩手銀行(9)
 2.公益財団法人いわて産業振興センター(6)
 3.商工組合中央金庫(5)
 1.岩手銀行(14)
 2.公益財団法人いわて産業振興センター(12)
 3.花巻市起業化支援センター(4)
 3.商工組合中央金庫(4)

○宮城県(47)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.七十七銀行(18)
 2.公益財団法人みやぎ産業振興機構(7)
 3.商工組合中央金庫(3)
 1.七十七銀行(15)
 2.商工組合中央金庫(3)
 2.公益財団法人みやぎ産業振興機構(3)

○秋田県(39)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.秋田銀行(22)
 2.北都銀行(8)
 (※3位は全て「採択件数が1件の認定支援機関」であるため省略)
 1.秋田銀行(25)
 2.北都銀行(19)
 3.有限会社ジー・エフ・ジー(2)
 3.商工組合中央金庫(2)

○山形県(75)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.山形銀行(28)
 2.荘内銀行(19)
 3.きらやか銀行(7)
 1.荘内銀行(23)
 2.山形銀行(18)
 3.きらやか銀行(8)
 3.米沢信用金庫(8)

○福島県(83)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.東邦銀行(18)
 2.いわき信用組合(7)
 3.福島銀行(5)
 1.東邦銀行(19)
 2.商工組合中央金庫(9)
 3.常陽銀行(6)

○茨城県(140)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.常陽銀行(43)
 2.公益財団法人茨城県中小企業振興公社(23)
 3.筑波銀行(8)
 1.常陽銀行(46)
 2.公益財団法人茨城県中小企業振興公社(23)
 3.株式会社つくば研究支援センター(14)

○栃木県(111)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.足利銀行(37)
 2.栃木銀行(14)
 3.栃木信用金庫(7)
 1.栃木銀行(23)
 2.足利銀行(21)
 3.栃木信用金庫(6)
 3.商工組合中央金庫(6)

○群馬県(131)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.群馬銀行(38)
 2.東和銀行(16)
 3.しののめ信用金庫(10)
 3.桐生信用金庫(10)
 1.群馬銀行(59)
 2.東和銀行(27)
 3.しののめ信用金庫(20)

○埼玉県(204)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.埼玉りそな銀行(27)
 2.武蔵野銀行(20)
 3.埼玉縣信用金庫(17)
 1.埼玉りそな銀行(54)
 2.武蔵野銀行(28)
 2.埼玉縣信用金庫(28)

○千葉県(97)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.公益財団法人千葉県産業振興センター(33)
 2.千葉銀行(13)
 3.京葉銀行(8)
 1.公益財団法人千葉県産業振興センター(37)
 2.千葉銀行(24)
 3.京葉銀行(14)

○東京都(448)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.多摩信用金庫(46)
 2.巣鴨信用金庫(36)
 3.西武信用金庫(32)
 1.多摩信用金庫(88)
 2.西武信用金庫(73)
 3.巣鴨信用金庫(39)

○神奈川県(186)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.横浜銀行(21)
 2.川崎信用金庫(15)
 3.公益財団法人川崎市産業振興財団(10)
 3.商工組合中央金庫(10)
 1.横浜銀行(33)
 2.八千代銀行(25)
 3.相模原商工会議所(19)
 3.公益財団法人川崎市産業振興財団(19)

○新潟県(142)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.第四銀行(49)
 2.北越銀行(25)
 3.三条信用金庫(12)
 1.第四銀行(52)
 2.北越銀行(35)
 3.三条信用金庫(11)

○富山県(80)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.高岡商工会議所(16)
 2.富山銀行銀行(13)
 3.北陸銀行(12)
 1.富山信用金庫(22)
 2.北陸銀行(20)
 2.高岡商工会議所(20)

○石川県(59)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.公益財団法人石川県産業創出支援機構(35)
 2.北國銀行(12)
 3.北陸銀行(5)
 1.公益財団法人石川県産業創出支援機構(53)
 2.北國銀行(20)
 3.北陸銀行(6)

○福井県(59)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.福井銀行(15)
 2.北陸銀行(12)
 3.福井商工会議所(8)
 1.福井銀行(25)
 2.福邦銀行(10)
 3.福井商工会議所(8)

○山梨県(26)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.山梨中央銀行(7)
 2.都留信用組合(4)
 3.公益財団法人やまなし産業支援機構(3)
 1.山梨中央銀行(7)
 2.公益財団法人やまなし産業支援機構(5)
 3.A-MEC株式会社(3)
 3.都留信用組合(3)

○長野県(129)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.八十二銀行(52)
 2.諏訪信用金庫(8)
 3.飯田信用金庫(6)
 3.長野銀行(6)
 1.八十二銀行(67)
 2.長野銀行(11)
 2.長野信用金庫(11)

○岐阜県(92)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.関信用金庫(16)
 1.公益財団法人岐阜県産業経済振興センター(16)
 3.十六銀行(13)
 1.公益財団法人岐阜県産業経済振興センター(33)
 2.十六銀行(24)
 3.岐阜信用金庫(15)

○静岡県(245)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.静岡銀行(65)
 2.浜松信用金庫(41)
 3.静清信用金庫(18)
 1.静岡銀行(84)
 2.浜松信用金庫(61)
 3.静清信用金庫(20)

○愛知県(277)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.名古屋銀行(49)
 2.岡崎信用金庫(37)
 3.碧海信用金庫(18)
 1.名古屋銀行(69)
 2.岡崎信用金庫(47)
 3.西尾信用金庫(34)

○三重県(63)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.百五銀行(13)
 2.公益財団法人三重県産業支援センター(9)
 3.第三銀行(5)
 1.百五銀行(19)
 2.公益財団法人三重県産業支援センター(13)
 3.商工組合中央金庫(6)

○滋賀県(67)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.滋賀銀行(17)
 2.高島市商工会(7)
 3.商工組合中央金庫(4)
 1.滋賀銀行(30)
 2.商工組合中央金庫(7)
 3.高島市商工会(6)

○京都府(105)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.京都銀行(20)
 2.京都信用金庫(12)
 3.京都中央信用金庫(11)
 1.京都銀行(24)
 2.京都中央信用金庫(21)
 3.京都信用金庫(18)

○大阪府(456)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.株式会社エフアンドエム(67)
 2.池田泉州銀行(28)
 3.商工組合中央金庫(26)
 1.株式会社エフアンドエム(71)
 2.商工組合中央金庫(53)
 3.池田泉州銀行(47)

○兵庫県(192)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.兵庫県信用組合(19)
 2.商工組合中央金庫(15)
 3.尼崎信用金庫(13)
 1.兵庫県信用組合(31)
 2.商工組合中央金庫(24)
 3.みなと銀行(15)

○奈良県(55)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.南都銀行(15)
 2.公益財団法人奈良県地域産業振興センター(8)
 3.株式会社ダイワマネジメント(7)
 3.大和信用金庫(5)
 1.南都銀行(22)
 2.公益財団法人奈良県地域産業振興センター(13)
 3.株式会社ダイワマネジメント(5)
 3.大和信用金庫(5)

○和歌山県(60)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.紀陽銀行(24)
 2.商工組合中央金庫(4)
 2.公益財団法人わかやま産業振興財団(4)
 1.紀陽銀行(28)
 2.商工組合中央金庫(7)
 3.公益財団法人わかやま産業振興財団(5)

○鳥取県(19)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.公益財団法人鳥取県産業振興機構(5)
 2.商工組合中央金庫(3)
 3.山陰合同銀行(2)
 3.鳥取県東部商工会産業支援センター(2)
 1.山陰合同銀行(5)
 2.商工組合中央金庫(4)
 3.公益財団法人鳥取県産業振興機構(3)

○島根県(23)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.斐川町商工会(5)
 2.公益財団法人しまね産業振興財団(4)
 3.太田商工会議所(3)
 3.山陰合同銀行(3)
 1.公益財団法人しまね産業振興財団(6)
 2.斐川町商工会(4)
 2.山陰合同銀行(4)

○岡山県(77)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.公益財団法人岡山県産業振興財団(21)
 2.中国銀行(11)
 3.公益財団法人岡山県産業振興財団、中国銀行(8)
 1.公益財団法人岡山県産業振興財団(47)
 2.中国銀行(23)
 3.商工組合中央金庫(8)
 3.玉島信用金庫(8)

○広島県(111)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.広島銀行(24)
 2.商工組合中央金庫(13)
 3.広島信用金庫(12)
 1.広島銀行(26)
 2.商工組合中央金庫(22)
 3.もみじ銀行(16)

○山口県(62)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.山口銀行(20)
 2.西京銀行(16)
 3.広島銀行(6)
 1.山口銀行(22)
 2.西京銀行(11)
 3.西中国信用金庫(4)

○徳島県(24)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.阿波銀行(6)
 2.徳島銀行(5)
 3.四国銀行(3)
 1.阿波銀行(12)
 2.四国銀行(6)
 3.商工組合中央金庫(5)

○香川県(68)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.百十四銀行(28)
 2.観音寺信用金庫(8)
 3.伊予銀行(6)
 3.公益財団法人かがわ産業支援財団(6)
 1.百十四銀行(33)
 2.公益財団法人かがわ産業支援財団(8)
 3.香川銀行(6)

○愛媛県(67)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.伊予銀行(42)
 2.愛媛銀行(5)
 3.株式会社西条産業情報支援センター(4)
 1.伊予銀行(48)
 2.愛媛信用金庫(8)
 3.愛媛銀行(7)

○高知県(38)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.四国銀行(12)
 2.高知商工会議所(6)
 3.高知銀行(3)
 3.特定非営利活動法人こうち起業支援センター(3)
 1.四国銀行(14)
 2.高知銀行(9)
 3.高知商工会議所(5)

○福岡県(142)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.西日本シティ銀行(13)
 2.福岡銀行(11)
 3.大川信用金庫(10)
 1.福岡銀行(15)
 1.日本シティ銀行(15)
 3.大川信用金庫(10)
 3.公益財団法人北九州産業学術推進機構(10)
 3.公益財団法人福岡県中小企業振興センター(10)

○佐賀県(26)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.佐賀商工会議所(5)
 2.鳥栖商工会議所(3)
 2.伊万里商工会議所(3)
 1.商工組合中央金庫(4)
 2.鹿島商工会議所(3)
 2.唐津東商工会(3)
 2.みやき町商工会(3)
 2.佐賀商工会議所(3)

○長崎県(40)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.親和銀行(5)
 2.十八銀行(4)
 3.壱岐市商工会(3)
 3.アイジータックス税理士法人(3)
 3.商工組合中央金庫(3)
 1.十八銀行(8)
 2.土井税務会計事務所(3)
 2.長崎三菱信用組合(3)
 2.商工組合中央金庫(3)

○熊本県(48)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.肥後銀行(12)
 2.公益財団法人くまもと産業支援財団(9)
 3.商工組合中央金庫(3)
 1.肥後銀行(13)
 2.公益財団法人くまもと産業支援財団(9)
 3.坂田会計事務所(2)
 3.菊池市商工会(2)
 3.商工組合中央金庫(2)
 3.熊本第一信用金庫(2)

○大分県(51)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.大分銀行(14)
 2.公益財団法人大分県産業創造機構(13)
 3.伊予銀行(4)
 1.大分銀行(10)
 2.公益財団法人大分県産業創造機構(6)
 3.商工組合中央金庫(3)
 3.国東市商工会(3)

○宮崎県(56)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.宮崎銀行(11)
 2.宮崎太陽銀行(4)
 3.公益財団法人宮崎県産業振興機構(3)
 3.川南町商工会(3)
 3.宮崎商工会議所(3)
 3.商工組合中央金庫(3)
 1.宮崎銀行(11)
 2.宮崎太陽銀行(9)
 3.宮崎商工会議所(4)

○鹿児島県(47)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.鹿児島県商工会連合会(13)
 2.鹿児島銀行(6)
 3.商工組合中央金庫(3)
 1.鹿児島県商工会連合会(16)
 2.鹿児島銀行(10)
 3.商工組合中央金庫(5)

○沖縄県(46)
 新ものづくり補助金(2次公募) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募2次締切)
 1.沖縄銀行(10)
 2.琉球銀行(5)
 3.石垣市商工会(4)
 1.琉球銀行(4)
 1.沖縄銀行(4)
 2.沖縄海邦銀行(2)
 2.公益財団法人沖縄県産業振興公社(2)
 2.田里会計事務所(2)
 2.名護市商工会(2)
 2.有銘寛之税理士事務所(2)
 2.宜野湾市商工会(2)
 2.商工組合中央金庫(2)


2014年07月01日

【平成25年度補正新ものづくり補助金】採択件数が多い認定支援機関一覧(都道府県別)など【1次公募2次締切】


 平成25年度補正「中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業(新ものづくり補助金)」の1次公募2次締切分(2014年3月15日(土)~5月14日(水))の採択結果が6月28日、全国中小企業団体中央会および各都道府県の中小企業団体中央会HPで発表された。応募件数15,019件に対して採択件数は6,697件であり、採択率は44.6%という結果になった。

 以前の記事「平成25年度補正「新ものづくり補助金」の2次公募は7月予定??」で、1次公募2次締切分の採択率が上がるかもしれないと書いたが、麻生副総理の「補正予算の執行率を6月末までに70%台に乗せたい」という鶴の一声(?)で実際に採択率が上がったようである。これで、1次公募の採択件数は合計9,613件となった。予算総額は約1,400億円、1社あたりの補助金平均額が1,000万円だとすると、全体で約1万4,000社が採択される見込みである。既に約1万社が採択されているので、2次公募で採択されるのは約4,000社にとどまるであろう。

 過去と同様に、採択された6,697件について分析を実施した。2次公募への応募を検討されている企業にとって参考になれば幸いである。なお、認定支援機関となっている金融機関から確認書をもらう場合には、金融機関内で決裁が下りるまでに1か月ほど時間がかかるため、8月11日(月)の締切に間に合わせるには、7月中旬までに申請書を仕上げたいところだ。

 《参考》
 「新ものづくり補助金(平成25年度補正)」申請書の書き方(例)
 「新ものづくり補助金(平成25年度補正)」申請書の書き方(賃上げに関して)
 【平成25年度補正新ものづくり補助金】採択件数が多い認定支援機関一覧(都道府県別)など【1次公募1次締切】
 ものづくり補助金(2次公募)認定支援機関分析結果(旧ブログサーバ、右クリックで保存)
 新ものづくり補助金(1次公募1次締切)認定支援機関分析結果(旧ブログサーバ、右クリックで保存)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切)認定支援機関分析結果(旧ブログサーバ、右クリックで保存)

■都道府県別 採択件数トップ10
(※カッコ内は採択件数)
 大阪が1位を奪還。
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.大阪府(730)
 2.東京都(682)
 3.愛知県(484)
 4.神奈川県(323)
 5.埼玉県(322)
 6.静岡県(305)
 7.兵庫県(252)
 8.群馬県(188)
 9.北海道(185)
 10.京都府(182)
 1.東京都(257)
 2.大阪府(226)
 3.静岡県(145)
 4.愛知県(142)
 5.埼玉県(117)
 6.神奈川県(114)
 7.新潟県(112)
 8.兵庫県(107)
 9.長野県(93)
 10.福岡県(89)

■都道府県別 製造業事業所数に占める採択件数の割合トップ10
(※カッコ内は採択件数、製造業事業所数、製造業事業所数に占める採択件数の割合。製造業事業所数は「平成24年経済センサス―活動調査」より取得した)
 採択件数も多く、採択された企業の割合も高い群馬県や茨城県は、優良な中小製造業が多いということだろうか?(なお、1次公募1次締切分と2次締切分では採択企業数が異なるので、%の単純比較はできない)。
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.富山県(127、5,864、2.166%)
 2.滋賀県(100、5,782、1.730%)
 3.和歌山県(74、4,421、1.674%)
 4.高知県(41、2,451、1.673%)
 5.群馬県(188、11,610、1.619%)
 6.茨城県(168、10,416、1.613%)
 7.岡山県(123、7,626、1.613%)
 8.秋田県(59、3,661、1.612%)
 9.沖縄県(49、3,058、1.602%)
 10.宮崎県(49、3,088、1.587%)
 1.高知県(27、2,451、1.102%)
 2.山形県(56、5,591、1.002%)
 3.福島県(68、7,011、0.970%)
 4.富山県(56、5,864、0.955%)
 5.岡山県(72、7,626、0.944%)
 6.香川県(45、4,952、0.909%)
 7.大分県(27、3,127、0.863%)
 8.新潟県(112、13,056、0.858%)
 9.山口県(34、3,985、0.853%)
 10.滋賀県(46、5,782、0.796%)

■全国 採択件数が多い認定支援機関トップ20
(※カッコ内は採択件数、以下同様)
 今回も商工組合中央金庫が1位を獲得。ただし、採択件数総数に占める割合は低下した。株式会社エフアンドエムは、大阪府吹田市に本社を置く記帳代行サービス会社である。
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.商工組合中央金庫(345)
 2.株式会社エフアンドエム(106)
 3.多摩信用金庫(96)
 4.静岡銀行(90)
 5.西武信用金庫(78)
 6.群馬銀行(72)
 7.名古屋銀行(61)
 8.八十二銀行(69)
 9.浜松信用金庫(62)
 10.埼玉りそな銀行(60)
 10.伊予銀行(60)
 12.北陸銀行(58)
 12.常陽銀行(58)
 14.池田泉州銀行(57)
 15.第四銀行(56)
 16.南都銀行(55)
 17.公益財団法人石川県産業創出支援機構(53)
 18.東和銀行(52)
 19.百十四銀行(49)
 20.公益財団法人岡山県産業振興財団(47)
 1.商工組合中央金庫(305)
 2.静岡銀行(49)
 3.第四銀行(41)
 4.伊予銀行(35)
 5.東和銀行(34)
 5.浜松信用金庫(34)
 5.群馬銀行(34)
 8.常陽銀行(32)
 9.八十二銀行(31)
 10.埼玉りそな銀行(28)
 11.公益財団法人岡山県産業振興財団(27)
 11.多摩信用金庫(27)
 13.北洋銀行(25)
 13.足利銀行(25)
 15.財団法人石川県産業創出支援機構(24)
 15.横浜銀行(24)
 17.中国銀行(23)
 18.北陸銀行(21)
 18.岡崎信用金庫(21)
 20.南都銀行(20)
 20.名古屋銀行(20)
 20.京都信用金庫(20)

■都道府県別 採択件数が多い認定支援機関トップ3
 商工組合中央金庫がトップ3に入っている都道府県の数が減少したようだ。代わりに、地元の信用組合や商工会議所、商工会がランクインする傾向が見られる。
○北海道(185)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.北洋銀行(43)
 2.北陸銀行(18)
 3.北海道銀行(15)
 3.商工組合中央金庫(15)
 1.北洋銀行(25)
 2.商工組合中央金庫(11)
 3.北海道銀行(7)

○青森県(37)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.八戸商工会議所(6)
 1.公益財団法人21あおもり産業総合支援センター(6)
 3.商工組合中央金庫(5)
 1.公益財団法人21あおもり産業総合支援センター(7)
 2.八戸商工会議所(5)
 2.商工組合中央金庫(5)

○岩手県(51)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.岩手銀行(14)
 2.公益財団法人いわて産業振興センター(12)
 3.花巻市起業化支援センター(4)
 3.商工組合中央金庫(4)
 1.岩手銀行(3)
 1.商工組合中央金庫(3)
 1.公益財団法人いわて産業振興センター(3)

○宮城県(54)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.七十七銀行(15)
 2.商工組合中央金庫(3)
 2.公益財団法人みやぎ産業振興機構(3)
 1.七十七銀行(11)
 2.公益財団法人みやぎ産業振興機構(4)
 2.北海道銀行(4)

○秋田県(59)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.秋田銀行(25)
 2.北都銀行(19)
 3.有限会社ジー・エフ・ジー(2)
 3.商工組合中央金庫(2)
 1.秋田銀行(16)
 2.北都銀行(9)
 (※3位は全て「採択件数が1件の認定支援機関」であるため省略)

○山形県(80)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.荘内銀行(23)
 2.山形銀行(18)
 3.きらやか銀行(8)
 3.米沢信用金庫(8)
 1.荘内銀行(14)
 2.山形銀行(13)
 3.きらやか銀行(8)

○福島県(97)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.東邦銀行(19)
 2.商工組合中央金庫(9)
 3.常陽銀行(6)
 1.商工組合中央金庫(11)
 2.東邦銀行(8)
 2.有限会社インキューブ(8)

○茨城県(168)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.常陽銀行(46)
 2.公益財団法人茨城県中小企業振興公社(23)
 3.株式会社つくば研究支援センター(14)
 1.常陽銀行(23)
 2.公益財団法人茨城県中小企業振興公社(14)
 3.筑波銀行(5)

○栃木県(101)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.栃木銀行(23)
 2.足利銀行(21)
 3.栃木信用金庫(6)
 3.商工組合中央金庫(6)
 1.足利銀行(22)
 2.栃木銀行(10)
 3.商工組合中央金庫(9)

○群馬県(188)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.群馬銀行(59)
 2.東和銀行(27)
 3.しののめ信用金庫(20)
 1.群馬銀行(29)
 2.東和銀行(24)
 3.商工組合中央金庫(3)

○埼玉県(322)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.埼玉りそな銀行(54)
 2.武蔵野銀行(28)
 2.埼玉縣信用金庫(28)
 1.埼玉りそな銀行(27)
 2.東和銀行(9)
 2.商工組合中央金庫(9)

○千葉県(130)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.公益財団法人千葉県産業振興センター(37)
 2.千葉銀行(24)
 3.京葉銀行(14)
 1.公益財団法人千葉県産業振興センター(15)
 2.千葉銀行(12)
 3.商工組合中央金庫(10)

○東京都(682)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.多摩信用金庫(88)
 2.西武信用金庫(73)
 3.巣鴨信用金庫(39)
 1.商工組合中央金庫(45)
 2.多摩信用金庫(27)
 3.西武信用金庫(13)

○神奈川県(323)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.横浜銀行(33)
 2.八千代銀行(25)
 3.相模原商工会議所(19)
 3.公益財団法人川崎市産業振興財団(19)
 1.横浜銀行(16)
 2.商工組合中央金庫(8)
 3.八千代銀行(6)

○新潟県(166)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.第四銀行(52)
 2.北越銀行(35)
 3.三条信用金庫(11)
 1.第四銀行(41)
 2.北越銀行(15)
 3.三条信用金庫(13)

○富山県(127)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.富山信用金庫(22)
 2.北陸銀行(20)
 2.高岡商工会議所(20)
 1.北陸銀行(13)
 2.公益財団法人富山県新世紀産業機構(9)
 3.富山銀行(5)
 3.株式会社ジェック経営コンサルタント(5)

○石川県(93)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.公益財団法人石川県産業創出支援機構(53)
 2.北國銀行(20)
 3.北陸銀行(6)
 1.公益財団法人石川県産業創出支援機構(24)
 2.北國銀行(4)
 3.のと共栄信用金庫(2)

○福井県(81)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.福井銀行(25)
 2.福邦銀行(10)
 3.福井商工会議所(8)
 1.福井銀行(10)
 2.北陸銀行(6)
 3.福井信用金庫(5)

○山梨県(31)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.山梨中央銀行(7)
 2.公益財団法人やまなし産業支援機構(5)
 3.A-MEC株式会社(3)
 3.都留信用組合(3)
 1.公益財団法人やまなし産業支援機構(4)
 1.商工組合中央金庫(4)
 3.山梨中央銀行(2)
 3.都留信用組合(2)

○長野県(176)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.八十二銀行(67)
 2.長野銀行(11)
 2.長野信用金庫(11)
 1.八十二銀行(29)
 2.商工組合中央金庫(10)
 3.長野銀行(7)

○岐阜県(155)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.公益財団法人岐阜県産業経済振興センター(33)
 2.十六銀行(24)
 3.岐阜信用金庫(15)
 1.公益財団法人岐阜県産業経済振興センター(12)
 2.大垣共立銀行(10)
 3.岐阜信用金庫(7)

○静岡県(305)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.静岡銀行(84)
 2.浜松信用金庫(61)
 3.静清信用金庫(20)
 1.静岡銀行(47)
 2.浜松信用金庫(34)
 3.商工組合中央金庫(12)

○愛知県(484)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.名古屋銀行(69)
 2.岡崎信用金庫(47)
 3.西尾信用金庫(34)
 1.岡崎信用金庫(21)
 2.名古屋銀行(18)
 3.商工組合中央金庫(11)

○三重県(81)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.百五銀行(19)
 2.公益財団法人三重県産業支援センター(13)
 3.商工組合中央金庫(6)
 1.百五銀行(11)
 2.公益財団法人三重県産業支援センター(7)
 3.桑名信用金庫(4)
 3.三重銀行(4)

○滋賀県(100)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.滋賀銀行(30)
 2.商工組合中央金庫(7)
 3.高島市商工会(6)
 1.滋賀銀行(15)
 2.商工組合中央金庫(6)
 3.公益財団法人滋賀県産業支援プラザ(4)

○京都府(182)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.京都銀行(24)
 2.京都中央信用金庫(21)
 3.京都信用金庫(18)
 1.京都銀行(8)
 2.京都信用金庫(7)
 3.京都中央信用金庫(6)

○大阪府(730)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.株式会社エフアンドエム(71)
 2.商工組合中央金庫(53)
 3.池田泉州銀行(47)
 1.商工組合中央金庫(29)
 2.池田泉州銀行(12)
 3.京都信用金庫(10)

○兵庫県(252)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.兵庫県信用組合(31)
 2.商工組合中央金庫(24)
 3.みなと銀行(15)
 1.商工組合中央金庫(16)
 2.みなと銀行(11)
 3.兵庫県信用組合(9)

○奈良県(78)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.南都銀行(22)
 2.公益財団法人奈良県地域産業振興センター(13)
 3.株式会社ダイワマネジメント(5)
 3.大和信用金庫(5)
 1.南都銀行(10)
 2.公益財団法人奈良県地域産業振興センター(7)
 2.株式会社ダイワマネジメント(7)

○和歌山県(74)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.紀陽銀行(28)
 2.商工組合中央金庫(7)
 3.公益財団法人わかやま産業振興財団(5)
 1.紀陽銀行(7)
 2.商工組合中央金庫(4)
 3.南都銀行(3)

○鳥取県(18)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.山陰合同銀行(5)
 2.商工組合中央金庫(4)
 3.公益財団法人鳥取県産業振興機構(3)
 1.鳥取銀行(3)
 1.公益財団法人鳥取県産業振興機構(3)
 1.商工組合中央金庫(3)

○島根県(33)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.公益財団法人しまね産業振興財団(6)
 2.斐川町商工会(4)
 2.山陰合同銀行(4)
 1.公益財団法人しまね産業振興財団(3)
 (※2位は全て「採択件数が1件の認定支援機関」であるため省略)

○岡山県(133)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.公益財団法人岡山県産業振興財団(47)
 2.中国銀行(23)
 3.商工組合中央金庫(8)
 3.玉島信用金庫(8)
 1.公益財団法人岡山県産業振興財団(27)
 2.商工組合中央金庫(10)
 3.中国銀行(8)

○広島県(157)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.広島銀行(26)
 2.商工組合中央金庫(22)
 3.もみじ銀行(16)
 1.広島銀行(16)
 2.商工組合中央金庫(7)
 2.呉信用金庫(7)

○山口県(53)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.山口銀行(22)
 2.西京銀行(11)
 3.西中国信用金庫(4)
 1.山口銀行(13)
 2.西京銀行(6)
 3.公益財団法人やまぐち産業振興財団(3)

○徳島県(37)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.阿波銀行(12)
 2.四国銀行(6)
 3.商工組合中央金庫(5)
 1.阿波銀行(7)
 2.四国銀行(3)
 3.すばる会計(2)
 3.吉野川市商工会(2)

○香川県(69)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.百十四銀行(33)
 2.公益財団法人かがわ産業支援財団(8)
 3.香川銀行(6)
 1.百十四銀行(10)
 2.観音寺信用金庫(7)
 3.中国銀行(6)

○愛媛県(75)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.伊予銀行(48)
 2.愛媛信用金庫(8)
 3.愛媛銀行(7)
 1.伊予銀行(23)
 2.愛媛銀行(4)
 3.愛媛信用金庫(2)
 3.株式会社西条産業情報支援センター(2)

○高知県(41)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.四国銀行(14)
 2.高知銀行(9)
 3.高知商工会議所(5)
 1.四国銀行(11)
 2.高知銀行(7)
 3.高知商工会議所(2)

○福岡県(168)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.福岡銀行(15)
 1.日本シティ銀行(15)
 3.大川信用金庫(10)
 3.公益財団法人北九州産業学術推進機構(10)
 3.公益財団法人福岡県中小企業振興センター(10)
 1.福岡銀行(10)
 2.商工組合中央金庫(9)
 3.公益財団法人福岡県中小企業振興センター(7)
 3.西日本シティ銀行(7)

○佐賀県(32)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.商工組合中央金庫(4)
 2.鹿島商工会議所(3)
 2.唐津東商工会(3)
 2.みやき町商工会(3)
 2.佐賀商工会議所(3)
 1.商工組合中央金庫(5)
 2.佐賀銀行(2)
 (※3位は全て「採択件数が1件の認定支援機関」であるため省略)

○長崎県(42)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.十八銀行(8)
 2.土井税務会計事務所(3)
 2.長崎三菱信用組合(3)
 2.商工組合中央金庫(3)
 1.商工組合中央金庫(6)
 2.十八銀行(2)
 2.親和銀行(2)

○熊本県(54)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.肥後銀行(13)
 2.公益財団法人くまもと産業支援財団(9)
 3.坂田会計事務所(2)
 3.菊池市商工会(2)
 3.商工組合中央金庫(2)
 3.熊本第一信用金庫(2)
 1.肥後銀行(6)
 1.商工組合中央金庫(6)
 3.公益財団法人くまもと産業支援財団(2)

○大分県(42)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.大分銀行(10)
 2.公益財団法人大分県産業創造機構(6)
 3.商工組合中央金庫(3)
 3.国東市商工会(3)
 1.公益財団法人大分県産業創造機構(6)
 2.大分銀行(4)
 3.商工組合中央金庫(3)
 3.大分県信用組合(3)

○宮崎県(49)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.宮崎銀行(11)
 2.宮崎太陽銀行(9)
 3.宮崎商工会議所(4)
 1.宮崎銀行(5)
 2.宮崎太陽銀行(3)
 3.公益財団法人宮崎県産業振興機構(2)

○鹿児島県(63)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.鹿児島県商工会連合会(16)
 2.鹿児島銀行(10)
 3.商工組合中央金庫(5)
 1.鹿児島銀行(5)
 2.商工組合中央金庫(2)
 2.曽於市商工会(2)
 2.南日本銀行(2)

○沖縄県(24)
 新ものづくり補助金(1次公募2次締切) 《参考》新ものづくり補助金(1次公募1次締切)
 1.琉球銀行(4)
 1.沖縄銀行(4)
 2.沖縄海邦銀行(2)
 2.公益財団法人沖縄県産業振興公社(2)
 2.田里会計事務所(2)
 2.名護市商工会(2)
 2.有銘寛之税理士事務所(2)
 2.宜野湾市商工会(2)
 2.商工組合中央金庫(2)
 1.琉球銀行(6)
 2.沖縄銀行(4)
 (※3位は全て「採択件数が1件の認定支援機関」であるため省略)


2014年06月05日

『地銀の瀬戸際 メガバンクの憂鬱(『週刊ダイヤモンド』2014年5月31日号)』―地銀再編で地方経済の衰退が加速する?


週刊 ダイヤモンド 2014年 5/31号 [雑誌]週刊 ダイヤモンド 2014年 5/31号 [雑誌]

ダイヤモンド社 2014-05-26

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 昨年12月、金融庁は地銀各行の頭取に、「金融機関の将来にわたる収益構造の分析について」という1枚のペーパーを配った。縦軸に各地銀が基盤を置く地域の将来の市場規模の縮小度合いを、横軸に現状の収益性を取ったグラフに、全国の地銀105行をプロットしたものである。

 これは、通称「森ペーパー」と呼ばれる。森信親検査局長の肝いりで作られたこのペーパーは、地銀の行く末を案じ、再編を含めた生き残り策について、本気で議論していこうという金融庁の意思を雄弁に語っていた。森ペーパーの第1版には地銀名が入っておらず、「我が行はどの点なのか?」とちょっとした騒動になったらしい。その後、地銀名が入った第2版が出たようで、本号では各方面への取材ならびに各種統計に基づいて、その内容の再現が試みられている。

森ペーパー(再現版)

 ベースとなっているのは、野村證券が集計した2014年3月期の地銀・第二地銀105行の決算データである。森ペーパーでは横軸を「各行の中小企業向け貸出金利回りから、預金利回り、信用コスト率、預貸業務に関わる経費率を控除したもの」となっているが、本号では「貸出金利回り-預金利回り-信用コスト率-経費率」で代替されている(信用コスト率は信用コストが中小企業貸出からと仮定し、戻し入れ超はゼロとして算出)。同じく、森ペーパーでは縦軸を「人口動態から推計した将来の地元市場の規模(25年3月末)」としているが、本号では「各行が本店を置く都道府県の生産年齢人口の変化率(2010年⇒2025年)」で代替している。

 ダイヤモンド社の再現方法にも問題があるのかもしれないが、この図にはやや難がある。マトリクスの図というのは、全体を4象限に分けて、象限ごとに異なる対策を提案するためのものだ。ところが、再現された図を見ても、どこを境界線にして4象限に分かれるのか解りにくい。

 ぱっと見た感じでは(「生産年齢人口の変化率」マイナス20%と収益率0%が境界線だとすると)、全国の地銀105行のうち、大部分が左上の「生産年齢人口の変化率」=小、「収益性」=高に位置づけられており、「それほど問題が大きくない銀行」が多いようにも見える。逆に、右下の「生産年齢人口の変化率」=大、「収益性」=小という「深刻な問題を抱えた銀行」は意外と少ない。このデータを基に、「だから地銀は再編が必要なのだ」と主張するのは苦しいように思える。再編という結論ありきで金融庁が動いているような気がしてならない。

 地銀の主たる顧客は地元の中小企業である。そして中小企業は、地元の住民をターゲット顧客とする地域密着型と、域外へ製品・サービスを出荷する広域型に分かれる。前者の企業の方向性は、地域の住民の構成と行政による街づくりの方針によって、後者の企業の方向性は、その地域に蓄積された経営資源面の強みと行政の産業振興構想によって規定される。地域密着型と広域型のバランスは地域によって異なるし、また、同じように地域密着型が中心の地域であっても、住民構成や行政の方針によって必要とされる企業は変わってくる。

 だとすれば、まずは将来の人口予測や行政の各種方針などを基に、それぞれの地域の産業が具体的にどのようなものになるか、その全体像を明らかにすべきではないだろうか?それが明らかになれば、今度は、その産業はどんな中小企業によって支えられるのか?それらの中小企業にはどの程度の資金需要があるか?を地域別に推測できるようになる。

 ここまで考えて初めて、それぞれの地銀の適正規模が導き出せる。逆に言うと、地銀を再編すべきかどうかは、ここまで突っ込んだ分析をしなければ解らないはずだ。金融庁はそういうきめ細かい分析をすっ飛ばして、入手が容易なデータだけに基づいて、「どの地銀も苦境に陥る、だから再編だ」と騒ぎ立てているにすぎない。

 安易な地銀再編は、地域経済をより疲弊させる危険性もはらんでいる。多くの地域では、将来的に人口が減少すると予測されている(「自治体、2040年に半数消滅の恐れ 人口減で存続厳しく 」など)。前述の通り、地域ごとの傾向をつぶさに分析する必要はあるものの、共通して言えるのは、人口減に伴ってその地域には大企業が進出しづらくなり、中小企業が中心の経済となる、ということだ。しかも、中小企業の中でもさらに規模が小さい小規模企業が中心となる。当然のことながら、個々の企業の資金需要はそれほど大きくない。

 ところが、再編によって規模が大きくなった地銀は、そのような小規模企業に対する融資を、「自行の規模に見合わない」、「小規模の案件では十分な収益が上げられない」という理由で敬遠する可能性がある。すると、小規模企業に融資する金融機関がなくなり、小規模企業の経営が立ち行かなくなる。その先に待っているのは、地方のさらなる衰退に他ならない。

 そのような最悪のシナリオを回避するために必要なのは、地銀を再編して大規模化することではなく、地域の特性に合った最適なサイズに再構築することである。金融庁も森ペーパーを振りかざして半ば脅迫のように再編を迫るのではなく、もう少し冷静な頭脳を持ってほしいと思う。




  • ライブドアブログ
©2012-2017 free to write WHATEVER I like